10坪の飲食店開業 成功する人・しない人

aatik-tasneem-138230-unsplash.jpg

絶対に売れる「店・メニュー」とは

自分が好きでたまらないものを商品にして開業するか、世の中の流行を重視してメニューをつくり開業するかは悩みどころですが、初めての「10坪飲食店」開業ならば、自分が感動したメニューを看板に、開業することをおすすめします。

 

お好み焼き屋さんを(休業して)、塩ホルモンを売りとした「太陽」

https://www.10tsubo.com/story/numabukuro/taiyo

女性目線を重視、メニューは100% vegan(完全菜食)とした「Ballon」

https://www.10tsubo.com/story/nakameguro-ballon

 

あなた自身が毎日・毎週・毎月食べたい、飲みたいようなメニューや店をつくることが、10坪飲食業開業成功の近道です。

 

これまで私たちが見てきたオーナーさんは、「これなら必ず売れる。人がやってくる」という、“妄信ともいえるほどの確信”を持って、開業し、成功しています。

 

あなたが本当に“伝えたいメニューやお店ってなんなの?”というところから、開業することをお勧めします。

dogancan-ozturan-395-unsplash.jpg

店舗の立地より、あなたが住む立地が重要

私たちがお付き合いしている某ソーセージ店の職人さんの言葉ですが、「オレの店は別にいい立地でなく、1階でなくてもいい。いいものを作れば、お客さんはソーセージを目当てにやって来るので」と、割り切って考えていらっしゃいました。

 

この確信と割り切りは、10坪飲食店を行ううえで、とても参考になります。

 

むしろ、お店を開業する立地に関しては、いわゆる「好立地」よりも、「地の利」、「職住近接」を押さえておくことが大切です。

 

・客層がわかる“すでに知っているエリア”で開業する

・職住近接で、店の近くに住む

 

成功している方の多くが、これまで勤めていた職場の近く、または住んでいる近くで開業しています。(とはいえ、地の利がなくとも、ほぼ確実に成功する立地(赤羽、新宿、四谷三丁目など)もあるので、それは次回以降でご紹介しましょう)。

 

地の利を知っていると、日中と夜にどんな人の流れがあるかが自然とわかります。

たんに流行りの地域や、安い物件を見つけて、人の流れを知らずして開業するのは、はじめての方だとリスキーな選択かもしれません。

 

また、もっと重要なのが、“あなた”が住む場所です。

はじめての10坪飲食店開業ならば、“職住近接”はマスト。

お店の近くに住むのことをお勧めします。

場合によれば、いま住んでいる場所から、引っ越しすることもいとわない覚悟が必要です。

 

肉山・光山さんも、お店の近くに住んだ

https://www.10tsubo.com/story/kichijoji-nikuyama

光山さんの場合、最悪、「お店に住んでもかまわない」というほどの覚悟がありました。

 

このような開業時の覚悟については、次回の記事でより詳しくご紹介します。

 
Shota Fujii