【芝公園の10坪店舗<路面店>】トランプ大統領の“来日・来食”は、日本のハンバーガー新文化のきっかけ。「肉好き垂涎のハンバーガー超人気店」は、初期費用200万円のキッチンカーから始まった!「マンチズバーガー シャック」のオーナー・柳澤さんにインタビュー。

10坪の可能性を信じ、挑戦している方のお話を聞く「10坪ストーリー」。今回は、米·トランプ大統領が来日時に食べて話題となった、“肉好きを120%満足させる”ハンバーガー専門店「MUNCH’S BURGER SHACK (マンチズバーガー シャック)」。連日、行列が並ぶ人気店に育てた柳澤さんにお話をうかがいました。

■実店舗開業前に、「移動販売」のハンバーガー専門店で起業

もともと音楽活動をしていたので、夜はライブがしたくて、日中の早い時間にあがれるような仕事はないかなと始めたのが精肉店でのアルバイトだったんです。当時もいまも、肉が好き、ハンバーガーが好きで。それが高じて、昼間は移動販売、夜に音楽がやれたらいいなと、移動販売から商売を始めたのが、きっかけです。いまから考えると甘い考えだったかもですね。

実店舗を開くには初期費用で1000万円はかかると聞いていて、当時の僕にはそんな自己資金もなくて、借金するのも気がひけたので、まずは移動販売で軍資金を貯めようと思ったんです。

移動販売を始めた際の自己資金は350万円。そのうちの200万円でキッチンカーをつくってもらって、ハンバーガー専門店をスタートさせました。移動販売はかれこれ5年半やっていたかな。平日は東京·有楽町の国際フォーラムや大手町サンケイビルの前など、土日はサッカーや音楽イベントの会場で、ほぼ毎日のように出店していました。

■見様見真似で、レシピを考案

移動販売時代のハンバーガーは、今よりもサイズが小さくて、値段も1000円以内に抑えていました。精肉店に勤めていたといっても料理の経験がなかったので、いろんなハンバーガー屋さんを食べ歩いて勉強したり、お客さんからの「昨日の美味しかったね」という声を参考にしたり、見様見真似と試行錯誤で、日々、メニューの研究をやっていました。

■1000万円を貯めて、満を持しての実店舗開業!

ハンバーガー専門の実店舗を開業するために、まずは移動販売で1000万円を貯めることを目標にしていた頃、いち早く夢を叶えてお店を始めた先輩たちが金策に走る様子を見たりして、お店の運営は生半可ではできないなと感じていました。いまなら、言えますが、お店をつくることがゴールじゃないんですよね。お店を継続していくことが大切なんですよね。なので、「オレは無借金でやろう」と思って、移動販売をとにかく頑張って続けました。そのうちに、ご縁あって埼玉県のあるプールに隣接する売店の販売を任されたんです。そこがものすごい人気のある場所で。夏場の2か月·50日間、休みなしで働いて、そこで懸命に仕事をしたことで、開業資金の1000万円が貯まりました。

初めて実店舗をオープンしたのは、いまのお店からすぐ近くの12坪の居抜き物件です。内装にもこだわったなあ。物件取得費含めたら、1000万円のうち、950万円も使ってしまって……。予算ギリギリで「ちょっとヤバいかな」と思いながら開店したのを覚えています。